フール―で寄生獣を見て人間と命について考えさせられました

寄生獣~セイの格率~は、かなり昔に流行った漫画で、アニメ化されました。実写映画化もされている大変人気のある作品です。
もしまだ見たことのない人がいたら・・・フール―なら2週間無料で視聴できますので、見てみてください(^^)

謎の寄生獣ミギーが主人公の泉新一の右腕に寄生することから物語は始まります。

寄生獣は基本的に人間の脳に寄生し、人間を操り人間を捕食します。しかし、ミギーの場合は脳を奪うことに失敗した為、新一から養分を貰いながら生きる為人間は食べません。

新一はある日母親を寄生獣に乗っ取られ、乗っ取られた母親に刺殺されますが、ミギーが自分の細胞を使って助け出します。それから新一は人間らしい感情や行動をあまりしなくなり、寄生獣の性格にだんだん近くなっていきます。

新一はいろいろな寄生獣に出会う度に少しずつ強くなり、人間の命について深く考えていきます。

なかでも、田村玲子という寄生獣が人間の子供を生み、子供を抱き守りながら銃で撃たれ続けるシーンは印象的でした。田村玲子が何故そこまでしたのか分かりませんが、人間のように笑ったり愛情を持ったり幸せに暮らしたかっただけなのかもしれません。

寄生獣はなぜ生まれたのか。人間が増えすぎ、自然を破壊し大気を汚染した為神様が制裁を加えたのではないか。本当に寄生獣が悪で人間が善なのか考えさせられる物語でした。

寄生獣の見どころの一つは、ミギーの声優を平野彩さんがやっている点です。平野彩さんは「涼宮ハルヒの憂鬱」という知る人ぞ知るアニメの涼宮ハルヒ役の声優をした方です。

最初寄生獣のミギーの声優をすると聞いて驚きましたが、物語が進むにつれて違和感はなくなっていき、逆に面白くなりました。

ボディパックで集中ケア

スキンケアのパックといったら顔に貼ってうるおいや美容成分を取り入れるフェイスマスクが当たり前なんですが、お隣の国、韓国ではフェイスマスク以外にも、ひじ用マスク、かかと用マスク、ヘア用マスク、ハンドマスク、足裏マスク(靴下のように履くタイプ)など、いろんなタイプのボディマスクがあるようです。しかも1回きりなど、購入しやすいパターンで発売されているそうです。これは、ぜひ使ってみたいですよね。

ひじやかかとなんかガサガサしてきてケアしにくいのに、マスクがあったら貼っておくだけでしっとりモチモチになりそうです。なかなかケアすることを忘れがちになる部分だけど、貼るだけだったら簡単だし、めんどくさがり屋な私にもピッタリです。たまにする集中ケアの時に色んなところにペタペタと貼って重宝しそうです。

IKKOさんおすすめのエチュードハウスからも発売されていて、ますます興味がわいてきました。エチュードハウスは日本にも進出していますからチェックですね。

エステに行って、エステティシャンと仲良くなると、その辺のアドバイスもしてくれそうですよね。まずは、エステキャンペーンから行ってみようかな?^^;
格安なところってあると嬉しいんだけどなぁ。そんなにお金があるわけじゃないし。

脱毛だと結構格安っぽいところ多く見つけることができるけど、ボディやフェイシャルでは中々見つけられないんですよね。

友達の肌からムダ毛が消えていくことが辛かった

友達に裏切られたような気分でした。彼女とは高校で仲良くなったのですが、お互いに毛深いことに親近感を持ったことがきっかけです。

そんな彼女が、最近になって脱毛サロンに通い始めるようになりました。会う度に綺麗に肌からムダ毛が消えていく彼女の肌は、私の肌とは比べ物にならないほど輝いているように見えます。仲が良いのですから、脱毛サロンに通うなら誘って欲しかったというのが本音でした。ところが、彼女は私のために脱毛サロンで施術を受けることを決意したと言いました。

脱毛サロンは、その名の通りムダ毛を処理してくれる場所です。彼女は自分だけが綺麗になろうと考えてサロンに通い始めたとばかり思っていましたが、実際には自らが実験台となったようでした。脱毛効果が確実に得られることを確認できた段階で、彼女は私を脱毛サロンに誘おうと決めていたのです。そうとは知らず、私は彼女に恨みの感情を抱いていました。何だか自分が情けないと思いながら彼女の話を聞いていると、最近は痛みが少ない脱毛サロンが多く存在していることが分かりました。

彼女に誘われるがまま、私は新宿にある脱毛サロンに通い始めることになります。少しだけチクッとする痛みはあるものの、確実にムダ毛が処理されるので何度も通いたいと思っています。家庭用脱毛器ケノンも少し考えましたが、私は背中もかなりムダ毛があるので、やはりプロにお任せした方がいいかな?という結論に至りました。