アルカリイオン水ってなんでしょう

最近よくアルカリイオン水という名前を耳にします。コンビニでも売られていますし、飲用や食用としても色々な効果が期待できる水なのですね。

アルカリイオン水というのはアルカリ性電解水の通称で、アルカリイオン水整水器等の陰極側で生成されるpH9~10の電解水のことを言います。製造時に添加される電解質によって異なりますが、基本的には低濃度の水酸化カルシウム水溶液です。石灰水というやつですね。 要するに、水を電気分解する際に、マイナス極に触れている水が水素となり、その電極周辺の水が水素イオンを含むアルカリ性に変化します。その性質を活かして生成されたものをアルカリイオン水と言うのです。

アルカリイオン水は水道水や天然水を用いて生成されます。これらの原水にはミネラルなど、あらゆる成分が含まれています。原水を電気分解することによりマイナス電極には陽イオンであるカルシウムイオン・マグネシウムイオン・カリウムイオン・ナトリウムイオンなどが集まります。反対にプラスの電極側には陰イオンである塩化物イオン・炭酸イオン・硫酸イオン・硝酸イオンなどが集まります。アルカリイオン整水器は水道水などを電気分解してアルカリイオン水と酸性水を作るのです。

アルカリイオン水は飲み水だけでなく、料理の味を一段とおいしくする効果があり、また胃腸の働きを整えて、消化不良・胃酸過多・慢性下痢・胃腸内異常発酵・制酸になどにも効果があると言われています。

ミネラル成分を豊富に含んだアルカリイオン水の生成により作られる酸性水の酸性度は、アルカリオン水のアルカリ度によって決まります。つまりアルカリ度の強いアルカリイオン水が作られる場合、その時に生成される酸性水の酸性度は強くなるということです。酸性水は飲用水としては不向きといわれていますが、洗顔やお風呂に使うとピーリング効果が期待でき、肌がツルツルになるとも言われています。以前の職場ではアルカリイオン水とは逆の酸性水(正確には強酸性水でしたが)を毎日精製しては手指の消毒などに使っていました。反対側から出て捨てられていたのがアルカリイオン水だったとはもったいない話です。

喉風邪っぽくなってきたときなどはそれでうがいをしていましたが、普通の水より酸っぱい味で、飲用ではないと言われていたため「安全な消毒液」という印象が強いものでした。

また、日本には天然のアルカリ水が存在しており、性質そのものはアルカリイオン水と変わりません。電気分解により生成されたアルカリイオン水はアルカリ性の持続期間が短いのに対して、天然アルカリ水は自然の中でじっくりと育まれてきたおかげなのか、アルカリ性が長期的に持続できると言われているのが優れたところです。
ウォーターサーバーでも取り扱っているサービスがあれば人気でそうですよね。

友達の肌からムダ毛が消えていくことが辛かった

友達に裏切られたような気分でした。彼女とは高校で仲良くなったのですが、お互いに毛深いことに親近感を持ったことがきっかけです。

そんな彼女が、最近になって脱毛サロンに通い始めるようになりました。会う度に綺麗に肌からムダ毛が消えていく彼女の肌は、私の肌とは比べ物にならないほど輝いているように見えます。

キレイな脚

仲が良いのですから、脱毛サロンに通うなら誘って欲しかったというのが本音でした。ところが、彼女は私のために脱毛サロンで施術を受けることを決意したと言いました。

脱毛サロンは、その名の通りムダ毛を処理してくれる場所です。彼女は自分だけが綺麗になろうと考えてサロンに通い始めたとばかり思っていましたが、実際には自らが実験台となったようでした。脱毛効果が確実に得られることを確認できた段階で、彼女は私を脱毛サロンに誘おうと決めていたのです。

そうとは知らず、私は彼女に恨みの感情を抱いていました。何だか自分が情けないと思いながら彼女の話を聞いていると、最近は痛みが少ない脱毛サロンが多く存在していることが分かりました。

彼女に誘われるがまま、私は新宿にある脱毛サロンに通い始めることになります。少しだけチクッとする痛みはあるものの、確実にムダ毛が処理されるので何度も通いたいと思っています。家庭用脱毛器ケノンも少し考えましたが、私は背中もかなりムダ毛があるので、やはりプロにお任せした方がいいかな?という結論に至りました。

自宅で脱毛って・・・

今のご時世、脱毛が当たり前の世の中になったんですね~。しかも、「通うことが面倒だから」とか「簡単に行うことができるから」という理由で、自分で自宅でレーザー脱毛を行う人が多くなってきているとか。レーザー脱毛器具が結構出回っていて、簡単なんだろうけど、それってどうなんでしょうかね~。

レーザーによる脱毛って、資格がありますよね。日本医学脱毛協会が運営する、レーザー脱毛士って資格。

そんなのが必要なものを簡単に自分でやっちゃって、もし何らかの事故が起こったりした場合のことを考えると、不安じゃないのかな~。ちゃんとした施設で施術してもらって万が一何か起こった時は、補償などしてもらえるでしょうが、自分でやったらそんなの一切ないわけで・・・。

日本の有名電機メーカーから出ているものならまだしも、世の中には粗悪なレーザー脱毛器具が出回っていたりするとも聞きます。私の思考が時代遅れなのでしょうか?自分ですることにはまだまだ抵抗があります。

友達がc3に行ったけど、全然痛くなかったと言っていた。身体に害がないのならいいのだけど、それだと本当に脱毛効果があるのかも逆に気になるところですよね。

わが街にも結構脱毛サロンあるんですよね。

痛くてもしっかりと脱毛したいなら専門的、本格的な医療脱毛。痛いのがとにかく嫌なら脱毛サロンという感じですかね。

英会話教材を選ぶなら、イングリッシュオンリーがいいみたい!!

英会話教材で初心者から学べる教材なら、どんな教材あるのだろうと探しているのですが、一番よく聞くのは『スピードラーニング』です。スピードラーニングと言えば〝聞き流すだけ〝という教材ですが、英会話の勉強法では〝聞く〝ということはいいみたい!!

値段も初心者が始めるには、丁度いい値段だしスピードラーニングいいのでは!?っと思っていたのですが、ネットで見ていた時、スピードラーニングと同じくらい紹介されていた『エブリデイ・イングリッシュ』の存在が気になったので、ちょっと見てみるとあのセインカミューがプロデュースしているリスニング教材!!

初級・中級・上級編と段階を踏まええた教材の内容になっていて、他の教材との違いはイングリッシュオンリーという点。

イングリッシュオンリーって何って思っていると、CDで大体の教材は、英語の後に日本語が吹き込まれているのですが、エブリディ・イングリッシュの場合は英語だけが録音されているらしいです!!英文を聞きながら自分で答えを考えられるので、自然に英語が身に付くのだとか(^-^) セインカミューなかなか、やるな~という感じです!!こういう教材はロシア語教材とか他の語学では中々でないよね~。買う人が少ないからかなぁ・・・

セルライトをぶっ飛ばせ!

にっくきセルライト・・・・どこかに飛んでいかないかな?なんて淡い期待をしていますが、飛んでいくわけないのです。運動してもセルライトになってしまうと燃焼しないようです。
エステとかで、高級マシンでセルライトを柔らかくすると落ちやすくなるそうですが、そんなお金ないしな・・・・。

自力でセルライトをなくしたいと思うけどもう手遅れ何かな?
と思ったら、頑張れば自力で落とせるらしい。

でもやはり自力で落とすには、労力と時間はかかるみたい。
セルライトは、長い年月をかけて老廃物があつまり硬くなった皮下脂肪。長い年月かけて作られたものなので、ちょっとやそっとじゃ崩れないのである。

それに比べて、新鮮な脂肪はそこまで硬くないので、ちょっとダイエットすると落ちるそうです。
食生活面でも改善を考えた方がいいですよね。脂肪分解をサポートしてくれる成分が不足していると効率的に痩せていくことができません。

忙しくて中々食生活の改善は難しいという人は青汁を利用すると良いでしょう。青汁効果は、健康食品なので劇的ではないかもしれませんけど、飲まないよりは良いはずです。硬い硬い石だって、波に当たって長い年月欠けて丸く削られます。

脂肪も硬くなってしまっても、じわじわ頑張れば柔らかくなるそうです。若干たとえがおかしいけど・・・すみません。脂肪は油なので、温めれば溶けるという仕組みには間違いない。だいたいセルライトがある人は代謝が悪く冷え性である。

冷え性だから代謝が悪いともいう。まぁそんな状況なので、冷え性を直さないとこの厄介な脂肪は溶けません。
でも地道に身体を温めることで、じわじわ溶けていくそうです。
お風呂もシャワーだけではなく、湯船にしっかり入りましょうね。