アルカリイオン水ってなんでしょう

最近よくアルカリイオン水という名前を耳にします。コンビニでも売られていますし、飲用や食用としても色々な効果が期待できる水なのですね。

アルカリイオン水というのはアルカリ性電解水の通称で、アルカリイオン水整水器等の陰極側で生成されるpH9~10の電解水のことを言います。製造時に添加される電解質によって異なりますが、基本的には低濃度の水酸化カルシウム水溶液です。石灰水というやつですね。 要するに、水を電気分解する際に、マイナス極に触れている水が水素となり、その電極周辺の水が水素イオンを含むアルカリ性に変化します。その性質を活かして生成されたものをアルカリイオン水と言うのです。

アルカリイオン水は水道水や天然水を用いて生成されます。これらの原水にはミネラルなど、あらゆる成分が含まれています。原水を電気分解することによりマイナス電極には陽イオンであるカルシウムイオン・マグネシウムイオン・カリウムイオン・ナトリウムイオンなどが集まります。反対にプラスの電極側には陰イオンである塩化物イオン・炭酸イオン・硫酸イオン・硝酸イオンなどが集まります。アルカリイオン整水器は水道水などを電気分解してアルカリイオン水と酸性水を作るのです。

アルカリイオン水は飲み水だけでなく、料理の味を一段とおいしくする効果があり、また胃腸の働きを整えて、消化不良・胃酸過多・慢性下痢・胃腸内異常発酵・制酸になどにも効果があると言われています。

ミネラル成分を豊富に含んだアルカリイオン水の生成により作られる酸性水の酸性度は、アルカリオン水のアルカリ度によって決まります。つまりアルカリ度の強いアルカリイオン水が作られる場合、その時に生成される酸性水の酸性度は強くなるということです。酸性水は飲用水としては不向きといわれていますが、洗顔やお風呂に使うとピーリング効果が期待でき、肌がツルツルになるとも言われています。以前の職場ではアルカリイオン水とは逆の酸性水(正確には強酸性水でしたが)を毎日精製しては手指の消毒などに使っていました。反対側から出て捨てられていたのがアルカリイオン水だったとはもったいない話です。

喉風邪っぽくなってきたときなどはそれでうがいをしていましたが、普通の水より酸っぱい味で、飲用ではないと言われていたため「安全な消毒液」という印象が強いものでした。

また、日本には天然のアルカリ水が存在しており、性質そのものはアルカリイオン水と変わりません。電気分解により生成されたアルカリイオン水はアルカリ性の持続期間が短いのに対して、天然アルカリ水は自然の中でじっくりと育まれてきたおかげなのか、アルカリ性が長期的に持続できると言われているのが優れたところです。
ウォーターサーバーでも取り扱っているサービスがあれば人気でそうですよね。

脱毛選び

梅雨の時期になってきましたが、湿度が高くなるとお肌が潤って良いのでが、じめじめして気持ち悪いですよね。昼間なんて、温度も上昇してきて湿度が多いせいかより暑くなります。そうすると気になるのはメイク崩れ。汗や皮脂の分泌が活発になってメイクも崩れやすくなります。

メイク崩れを防ぐには、朝のスキンケアに注目。朝のスキンケアの時にお肌を冷やして引き締めるとメイクのもちが良くなるそうです。暑い季節になると起きたばかりのお肌はほてっているので、お肌を冷やして引き締めるだけでフェイスラインがすっきりするんだそうです。そして、冷やすことで、朝や皮脂の分泌もおさえられて、メイクのもちも長くなるというわけなんだそうです。

メイク直しってめんどくさいですから、その作業を思うと朝のスキンケアに手間をかけた方がよっぽど楽な気がします。化粧水をつける時もお肌がひんやりするまでスキンケアするだけで、お肌のクールダウンができるので朝のスキンケアに力をいれたいですね。

わき処理もそろそろ真面目に考えないとヤバいナ。とりあえず、脱毛ラボかプリートかどっちにしようかなぁってところまではしぼりこんだのだが・・そこから先が進まない(涙)
参考にしたサイト/渋谷 脱毛

将来的なわき以外のことも考え出すとどうにも結論が出なくなってしまうんですよね。